2011年08月12日

爺ヶ岳 父子テント泊

DSC_3159.png



8月の5、6日で5歳の息子とテント泊登山に行ってきた。

最高だった!



去年から息子とテント泊登山に行きたくて、計画していたが。
去年は天候が悪く、行けずじまい。
今年はなんとか行ってみたい。

そう考えていた。

前回、爺ヶ岳日帰り登山で。
登山道がきちんと整備されていて、比較的安全で、初心者向きだとわかった。
これなら息子でも登れると思い。
思い切って登る事にした。
しかしこのごろの天気は怪しすぎた。
雷も気になるし。


さて、当日。
早朝目が覚めて、西の方へ目をやると
常念がきれいに抜けていた。
ほほー
早朝気温が下がれば安定するのか。

じゃ、行ってみっか。
と、予定通り決行!


扇沢登山口9時到着。
平日にも関わらず、人が凄い。
さすがジーズンだね。

予定より30分遅れて、出発。

DSC_2968.png

麓は晴れていたけど。
目指すお山は雲の中。

それでも行ける所まで行ってみるかと。
出発。

登山口で、入山届けを出して。
9:45
いよいよ出発。

DSC_2977.png


今回僕も荷物が重くなってしまった分、息子にも頑張ってもらった。
お昼のお弁当を持ってもらう。

登り始めてすぐに、

「疲れた」
「まだ〜」

と始まるが。
そこは、元気の元でなんとかやりすごし。

ゆっくりゆっくり登る。

DSC_2984.png

登り始めて1時間。
やっと見晴らしのいい場所へ。

「こんなに登ってきたんだよ」

と励ます。

まだまだ元気なようす。


「リュックが重い」

さすがに荷物が重すぎたか。

まだまだ登り始めたばかりだし。
楽しく登ってもらいたいから
荷物は僕が持つ事に。

DSC_2988.png

とたんに元気モリモリ。

やはり荷物が重すぎたか。

さっきまでとは打って変わってペースアーップ

DSC_2995.png

1時間半で八ツ見ベンチ。

そのあとも
ゆっくりゆっくり
時間をかけながら
登る。

DSC_2996.png

晴れてれば針ノ木岳とかよく見えるのに
今回は雲の中。

これから雲の中へ入っていくんだよ〜

と。


登り始めて2時間ちょっと
ちょうどおなかもすいたので
お昼休憩。

がんばって持ってきてくれたお弁当。

DSC_3011.png

母ちゃんが作ってくれたワンピースおにぎり。
これたべて元気モリモリ。

そんでまた登る。

天気は相変わらずガスの中。

それでも、しりとりとかしながら楽しく登れるあたりが
よくできた息子。

大したもんです。

DSC_3024.png


途中のガレ場。
ここは慎重に気をつけて。
と思っている親父を尻目に
跳ねるようにして歩いていくあたりがなんとも。


DSC_3028.png

なんど休憩したかな。
14:30 晴れ間が覗いて。
気分も少し晴れました。

さあ、目指す小屋はあともう少し。

DSC_3034.png


小屋が見えたよ。
あとちょっと。
DSC_3044.png



DSC_3046.png

15:00 種池山荘到着

標準コースタイムが3時間50分
今回が5時間30分。
よく頑張りました。
一度も抱っこやおんぶとも言わないで。
一人で登りきれました。
大したもんです。


早速小屋でテントの受付して。

テン場へ。

テントを張って。
ちょっと休憩。

DSC_3058.png


雨が降りそうだったから小屋へ。
自炊室で、コーラとビールで乾杯して。
隣のオッサン達に枝豆やらスルメやらをもらって。
山の話で盛り上がって。

テン場へ戻って
夕飯。

DSC_3083.png

男二人。

なかなかいい時間です。

ご飯を食べてお腹いっぱいになって。
隣のテントのオッサンと仲良くなって。
息子は遊んでもらって上機嫌。

気がつきゃあたりは暗くなって。
19:30にはテントに入って
20:00にはおやすみなさい。

一日がんばって歩いたから。
心配してたけど、すぐに寝ちゃって。
親父も一緒になって気がつきゃ寝てました。

夜には月も出てたし。
気温が下がれば、ガスも晴れるかな。
と期待しつつ。


つづく。
posted by サワ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマノボリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。